emmi(エミ) > 今や常識?SDGsについてどこまで知っている?
今や常識?SDGsについてどこまで知っている?

今、注目されているSDGsとは?

サステイナブル(持続可能)な未来と地球作りのため、
国連で制定された17の約束である
「SDGs(エスディージーズ)」。

具体的には2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」における、
地球上の誰一人として
取り残さない(leave no one behind)ことを誓う
プロジェクトで、
2030年までの実現を目標としています。

SDGsは企業や国はもちろん
一人ひとりが考えて行動することが求められています。
今回は、SDGsの基礎知識をおさらいしていきましょう。

2030年に向けて掲げたSDGsの17の目標

SDGsという言葉は何となく理解していても、
具体的な目標まできちんと知っているという人は
意外に少ないのではないでしょうか?

ここでは、
サステイナブルな未来と地球を実現するための
17の目標を確認していきましょう。

1:貧困
あらゆる場所、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ。

2:飢餓
飢餓を終わらせ、
食料安全保障及び栄養の改善を実現し、
持続可能な農業を促進する。

3:保健
あらゆる年齢のすべての人々の
健康的な生活を担保し、
福祉を促進する。

4:教育
すべての人に包摂的かつ公正で
質の高い教育を確保し、
生涯教育の機会を促進する。

5:ジェンダー
ジェンダー平等を達成し、
すべての女児の能力強化を行う。

6:水・衛生
すべての人々の水と衛生の利用可能性と
持続可能な管理を確保する。

7:エネルギー
すべての人々の安価かつ信頼できる
持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する。

8:経済成長と雇用
包摂的かつ持続可能な経済成長、
及びすべての人々の安全、
生産的な雇用と働きがいのある人間らしい
雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。

9:インフラ・産業化イノベーション
強靭な(レジリエント)インフラ構築、
包摂的かつ持続可能な産業化の促進
及びイノベーションの構築を図る。

10:不平等
国内及び各国家間の不平等を是正する。

11:持続可能な都市
包摂的で安全かつ強靭で持続可能な都市、
及び人間居住を実現する。

12:持続可能な消費と生産
持続可能な消費生産形態を確保する。

13:気候変動
気候変動及び、
その影響を軽減するための緊急対策を講じる。

14:海洋資源
持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、
持続可能な形を利用する。

15:陸上資源
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進。
持続可能な森林の経営・砂漠化への対処、
ならびに土地の劣化の阻止・回復
及び生物多様性の損失を阻止する。

16:平和
持続可能な開発に向けて
平和で包摂的な社会を推進し、
すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、
あらゆるレベルにおいて効果的で
責任ある包摂的な制度を構築する。

17:実施手段
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、
グローバル・パートナーシップを活性化する。

SDGsを達成するために
ヨギーニができること

自分の中にある小さな考えを大切にし、
行動に移すことができる人こそが求められる時代。
SDGsの課題はさまざまですが、
まずは個人で行動できる小さな一歩から
始めてみませんか?

エコバッグやマイボトルを持ち歩く、
水やエネルギーのムダ使いをしない、
ゴミを減らし気づいたら拾うなど、
考えてみると日常でできることはたくさんあります。

自分にできることはない、
と決めつけるのではなくまずは関心を持ち、
楽しみながら日常で
ちょっとした工夫を取り入れてみましょう。

アヒンサー的地球環境との向き合い方

ヨガをする人は瞑想をし、
ポーズを練習する中で自分自身と向き合い、
自分を健全に維持することを
大切にしているのではないでしょうか?

その感覚はまさに
ヨガ哲学のヤマのアヒンサー(非暴力)。
そして、自他を傷つけないように
大切にすることはもちろん、
生きとし生けるものに感謝し、
その恩恵を還すことも
また広義ではアヒンサーと言えます。

アヒンサー的に世界を捉えれば、
自然と地球環境保全や平和へとつながり、
それはまた自分を大切にすることにもなります。

世界との調和を大切にするヨガ哲学の教えは、
考えてみればSDGsに則していると言えます。
せっかくヨガと出会ったのだから、
カルマヨガ(行為のヨガ)を通して、
素敵な地球の未来を一緒に描いていきませんか?

Text - Yogini編集部

https://yolo.style/yogini/

COLUMN Yogini × emmi