emmi(エミ) > ヨガをしていると本当に幸せになる?
ヨガをしていると本当に幸せになる?

ヨガをしている人はイキイキしている
という印象がありませんか?
最初は不調解消とか、
落ち込んだ気持ちを何とかしたいと
思って始めた人も続けていると、
そのうちにヨガが楽しくなっていき、
多くの人が輝いていくようになります。

なぜなのでしょうか? 
ヨガには人をイキイキとさせる、
どんな理由があるのでしょうか?

【呼吸が幸福感を増していく】

ヨガのポーズがストレッチと大きく異なる点は、
呼吸を意識していることです。
ヨガのポーズは、
呼吸を気持ちよくするためにあります。
呼吸のタイミングに動きを合わせていくことで、
自分の呼吸と、それに伴って起こる
体の変化を観察していくのです。
また、さまざまなポーズがあるのは、
どんな姿勢になっても気持ちよく呼吸ができている
体作りを目指しているからなのです。

そのため、ヨガは呼吸が意識できれば成立します。
体が弱くなっても、たとえケガをして動けなくても
ヨガができるのです。

そして、呼吸は心身に大きな変化をもたらします。
代表的なものは自律神経の調整です。

多くの場合、不調のもとは
自律神経の乱れと関係します。
自律神経は、
活動的になり心身の緊張を促す交感神経と
落ち着いて弛緩した状態にさせる
副交感神経の二つを
適切なタイミングで切り替えることで、
心身の状態を正常に保っています。

自律神経と言うように、
基本的にはそのスイッチは
体のシステムが自律的に行っていますが、
呼吸はこれに介入できます。
吸う時は交感神経と、
吐く時は副交感神経とつながることで
呼吸によって
心身の動きを
コントロールできるのです。

【リラックスできる心身に】

現代人の自律神経は、さまざまな理由から、
交感神経優位に偏りがちです。
そうすると心身は緊張状態が続き、
リラックスしづらくなっています。
例えば、不眠や生理痛、便秘、
消化不良といった体の不調、
イライラや不安、焦り、
待てないなどの心の動きも
交感神経優位が過剰になり、
自分を追い込んでいる証拠です。

呼吸はこれを整えることができます。
交感神経優位だと、呼吸は浅くなり、
吸うよりも吐く時間のほうが短くなっています。
そこで、まず落ち着いて座り自分の呼吸を観察した後
意識的に呼吸を長く細く吐くのです。
吸っている時と同じ長さ、
あるいはより長めに吐ければOKです。
それにより副交感神経へのスイッチが入れば、
体は弛緩し、心は緩やかになっていけます。
緊張しそうな時にリラックスさせてくれます。

また、この呼吸法を続けていけば、
血流がよくなってお肌や髪の毛に
ツヤやハリが生まれ、
不調が解消、心が安定して悩みが減っていきます。
さらに、「ハピネス神経」と言われる
セロトニン神経が活性化し、
呼吸が深まるほど、気持ちが穏やかで、
幸せな気分も高まることが
さまざまな検証からわかってきています。

呼吸を意識して動くことが
基本のヨガは続けて行うことで、
呼吸の質を変えていくことになります。
それにより心身の活動の
メリハリができるようになり、
イキイキのもとである、本来の自分らしい
“元気”を取り戻せるのです。
自分らしさとは、まだ何色にも染まっていない、
赤ちゃんの時のような「幸せ」な状態。
ヨガはそんな幸福感をもたらしてくれるのです。

Text - Yogini編集部

https://yolo.style/yogini/

COLUMN Yogini × emmi