emmi(エミ) > アーユルヴェーダで女性ホルモンを整える Vol.1
アーユルヴェーダで女性ホルモンを整える

女性特有の不調はヴァータの
乱れから

「生命の科学」とも呼ばれる
アーユルヴェーダでは、
人の体や地球全体に流れるエネルギーを
三つの性質、ヴァータ、ピッタ、カパに
分けて考えます。
そのうち女性ホルモンの乱れに
大きく影響するとされているエネルギーが
ヴァータ。

中でも、生理、出産、排便などの
下向きの流れにかかわるエネルギーである
“アパーナヴァータ”が乱れることより、
女性ホルモンにかかわる不調が
起こるとします。
また、更年期の人も
ヴァータ質のエネルギーが乱れがちに。

今回から三回シリーズで、
女性ホルモンの月周期を、
月経期=ヴァータ、卵胞期=カパ、
黄体期=ピッタと三つのステージに分け、
各ステージで起きる女性特有の症状への
対処法を紹介していきます。

おさらい - 三つのドーシャ -

・ヴァータ :
「空」と「風」の要素。
代表的な特徴は「動き」、「軽さ」など。

・ピッタ :
「火」と「水」の要素。
代表的な特徴は「燃えている」こと。

・カパ :
「水」と「地」の要素を表し、
代表的な特徴は「重い」、「安定」、「維持」など。

心と体が乱れやすい
月経期(ヴァータ)

女性の生理は、
自然に組み込まれた重要な
浄化のプロセス。
この浄化プロセスをスムーズに行うことが、
月経期の女性ホルモンを整える鍵となります。
そこで気をつけたいのが
前述したヴァータの乱れ。
ストレスや不規則な生活は
“アパーナヴァータ”(下向きの流れ)を乱しやすく、
その結果、痛みや不調が起きます。

生理不順や痛みは、
本来の体のエネルギーバランスが崩れているサイン。
痛み止めで強制的に抑制するのではなく、
なぜそのサインが起こっているのか考えて、
根本から優しく整えることが大切。

ここからは月経の状態や症状を、
ドーシャを基にチェックしていきましょう。
症状によって、
体の状態がどう傾いているかを知れば、
女性ホルモンと仲よくつき合うことができます。

月経期の食事、生活、心の対処法

月経期に大きな影響を与えるヴァータ。
五元素で見ると、
ヴァータは「空」と「風」の要素を持ち、
古典書では、
「動いている、乾燥している、
ザラザラしている」ことが
特徴とされています。
この時期は、これらの要素を持つものごとの質が
過剰になるため、注意が必要です。

例えば、「軽くて動いている」ものであれば、
転職や引っ越しなど移動などが該当。
こういったものを避けて、
規則正しい早寝早起きといった
「安定的な」生活を心がけましょう。
特に妊娠を望む人は、
十分に休養を取るのがベター。

生理痛がツライ人は、
体内の変化や心の動きが
早くなっていることからの影響があるので、
自分が落ち着く香りの
エッセンシャルオイルを選び、
家でリラックスして過ごすのも有効。

食生活で避けたいものは「冷たいもの」。
ヴァータの働きが過剰になると、
「生理痛」が起こり、
「甘いものが食べたく」なりがちに。
こうしたヴァータ性が強まっている人は、
冷性の食物は避け、
例えば葉野菜などは必ず
油で炒めて食べるようにしましょう。

アーユルヴェーダでは、
これは食べてはいけない、というのではなく、
組み合わせや調理の仕方で
食材の性質を変えていくことができます。
インドには食材の性質を調整するための
スパイスが無数にあります。
この時期は、熱性のスパイスや、
消化力を上げるスパイスを加えていきましょう。

また、アーユルヴェーダでは
舌で感じる六つの味、
「甘味」、「塩味」、「辛味」、
「酸味」、「苦味」、「渋味」の六味を
バランスよく摂ることで、
ドーシャが整うとされています。

月経期は、
乱れやすいヴァータの過剰を整える
「甘くて、酸っぱくて、しょっぱいもの」を
積極的に摂り、
「辛味、苦味、渋み」のある食べ物は
避けるのがベター。
ただし、「甘み」は摂りすぎると
体を冷やすので、適量を心がけましょう。

不安定な時期こそ適切な生活を

いかがでしたか?
今回は、女性が特に気分がどんよりしやすい、
月経直前〜月経の終までの特徴や、
オススメの過ごし方を紹介しました。

ヴァータの特徴を持つこの時期は、
体や心が揺れ動き、
女性が不安定になりやすい時期でもあります。
心身ともに“安定“をキーワードに
過ごし方を工夫してみて下さいね。

次回は、カパのステージ、
卵胞期の特徴やオススメの過ごし方を
紹介していきます。
お楽しみに。

教えてくれた人=Kazuya(冨岡和也)

料理人、フードコーディネーター、栄養士、
インド政府機関認定アーユルヴェーダセラピスト。
食のアトリエ『Natural Lifestyle』代表。

Text - Yogini編集部

https://yolo.style/yogini/

COLUMN Yogini × emmi