emmi(エミ) > アーユルヴェーダで女性ホルモンを整える Vol.2
アーユルヴェーダで女性ホルモンを整える

生理後の安定期にオススメの生活法

「生命の科学」とも呼ばれる
アーユルヴェーダでは、
人の体や地球全体に流れるエネルギーを
三つの性質、
ヴァータ、ピッタ、カパに分けて考えます。

女性ホルモンの月周期も、
月経期=ヴァータ、卵胞期=カパ、黄体期=ピッタ、
とこの三つの性質に分類することができ、
性質を理解することで各ステージで起きる
女性特有の症状に対処することができるのです。

前回は、心と体が乱れやすい
ヴァータの性質を持つ月経期の特徴や、
不調への対処法を紹介しました。
アーユルヴェーダで
女性ホルモンを整えるVol.1
参照)

今回は、生理後の女性が輝きを増す
卵胞期(カパ)の特徴、
不調への対処法を紹介していきます。

おさらい - 三つのドーシャ -

・ヴァータ :
「空」と「風」の要素。
代表的な特徴は「動き」、「軽さ」など。

・ピッタ :
「火」と「水」の要素。
代表的な特徴は「燃えている」こと。

・カパ :
「水」と「地」の要素を表し、
代表的な特徴は「重い」、「安定」、「維持」など。

心も体も絶好調な時期

女性らしくキラキラと輝けるのがこの卵胞期。
“美人ホルモン”とも言われる
女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増え、
肌ツヤのよい皮膚が作り出され、
髪はツヤツヤと輝き、心も安定する時期です。

この無敵の卵胞期は、自分磨きや、
何かを新しく始めたりするベストなタイミング。
断ち切りたいと思っている習慣を、
いい習慣に置き換えるのもいいアイデア。

アーユルヴェーダでは、
その季節の過ごし方は、
次の季節へ影響すると考えられていて、
適度に体を動かし、
活動的な卵胞期を過ごすことは、
次の月経期によい影響を与えてくれます。

卵胞期の食事、生活、心の対処法

卵胞期に大きな影響を与えるカパは、
五元素で見ると「地」と「水」の要素を持つ。
古典書には、「停滞している、
しっとりしている、どっしりしている」
と特徴が記されていて、
潤いが満ち心身ともに安定する時期。

卵胞期は特に避けるべきものはないが、
不規則な生活でヴァータ乱れると、
女性ホルモンの乱れにもつながるので
無理はしないことが大切。

さらなる自分磨きのために

この好調期を味方につけて
さらに女性らしさに磨きをかけたい。
それにはパワフルな食の力を
活用するのが近道です。

タンパク質、ビタミン、ミネラルを含んだ、
豆類、緑黄色野菜、果物、ごま、ナッツ類などを
バランスよく摂ることを心がけましょう。

また、断食をするのには最適な時期で、
アーユルヴェーダでは
基本的にカパの時期以外の断食を
オススメしていません。

断食の効果は消化力の強化や
アーマ(未消化物)の除去、
美容面では肌ツヤの改善など
女性にとってうれしい効果ばかりですが、
信頼できる専門家の指導の下、
行うのがオススメ。

ヴァータ体質は半日断食、
ピッタとカパ体質は3日程度の断食をすると
無理なくより
よい効果を得ることができるでしょう。

Text - Yogini編集部

https://yolo.style/yogini/

COLUMN Yogini × emmi