emmi(エミ) > 心地よく暮らすためのアーユルヴェーダ的一日の時間割
心地よく暮らすためのアーユルヴェーダ的一日の時間割

三つの性質ドーシャをおさらい

今回は、アーユルヴェーダ的に
一日の過ごし方を考えていきます。
まず本題に入るために、アーユルヴェーダの基本、
ドーシャについておさらいしていきましょう。

「ドーシャ」とはそのものが持つ性質のことで、
人間のみならず動物や物質、
時間などすべてのものに存在すると考えられています。

ドーシャには
「ヴァータ」、「ピッタ」、「カパ」の3種類があり、
それぞれ性質が異なります。

「ヴァータ」は「空」と「風」の要素を表し、
代表的な特徴は「動き」、「軽さ」など。

「ピッタ」は、「火」と「水」の要素を表し、
代表的な特徴は「燃えている」ことで、
血液循環、代謝機能、消化吸収などは
すべてピッタの働きで維持されています。

「カパ」は「水」と「地」の要素を表し、
代表的な特徴は「重い」、「安定」、「維持」など。

私達の体質もこの三つのいずれかに
大きく分類されるように、
一日も時間帯によって、ドーシャが異なります。
ここからは、具体的にアーユルヴェーダの観点から、
一日の時間の性質、作用、オススメの過ごし方を
見ていきましょう。

アーユルヴェーダ的、朝の過ごし方

アーユルヴェーダ的時間割では、
朝のスタートがとっても早い!
深夜2時から6時がヴァータで一番、
神聖な時間帯と考えられています。
空気が澄んでいるのに加え、
この時間帯はヴァータ(風)から連想されるように
体がとても軽いのです。
なので、本来はこの時間帯に
ヨガや瞑想をするのがベスト。

とはいえ、
6時以降のカパの時間に起きる人も多いですよね。
6時〜10時はカパ(水)の時間帯で、
そのイメージから連想されるように、少し体が重たく、
何だかスッキリしない感覚があるかもしれません。

「じゃあ6時より前に起きないと!」
と意気込んでしまいがちですが、無理は禁物。
無理して頑張るのではなく、
時間帯の性質を意識するだけで、
うまく対処することができます。
今はこういう時間帯だと、理解して行動するのと、
知らないのとでは、まったく質が違ってきます。

朝は、体を清浄にすることが最も大切。
カパの時間帯に起きたなら、
熱いシャワーをあびるのもオススメです。
また、アーユルヴェーダでは舌の状態を重視するので、
舌磨きも大事な習慣の一つ。
排便も含め、体をきれいにして、
今日の自分の状態を把握しておくように
心がけましょう。

太陽礼拝などで軽く体を動かしたり、
教典などの勉強も朝の時間帯がオススメです。
また、朝食も重要で、一日の食べる量が
朝:昼:夜=2:3:1になるのが理想的。
何を食べるかよりも、食のバランスと、
同じ時間に食べることがより重要となります。

アーユルヴェーダ的、昼の過ごし方

ピッタの時間帯である10時〜14時は、
行動的で頭脳的な時間であると同時に、
ストレスを受けやすい時間帯でもあります。
適度にリラックスできるよう、
仕事の合間のミニ瞑想などが効果的です。

14時〜18時のヴァータの時間に移ると、
感覚が鋭くなっていきます。
やらなければいけない大事なことは、
この時間帯にするのがいいでしょう。
また間食は、
自分の心身の状態を理解して食べるなら、
何を食べてもOK!

今日は疲れているから、
落ち着かせるためにスウィーツを少し食べよう、
と心と体の声に寄り添うのは
アーユルヴェーダ的です。

アーユルヴェーダ的、夜の過ごし方

夜は、ピッタが始まる22時ごろには、
夕飯が消化された状態で眠りに就くのが理想的。
全身の代謝や細胞を作るため、
ピッタのエネルギーをフル稼働したい時間帯です。

夕食が胃腸に残っていると、
ピッタのエネルギーが食べ物を消化するために
使われてしまい、
何だかもったいないですよね。
前述した理想的な食事のバランスで、
夕食の量が一日で一番少ないのはそのためです。

また、ピッタの時間で良質な睡眠を取るためには、
18時〜22時のカパの時間がキーになります。
片鼻呼吸法を行ったり、ぬるめの風呂に入ったり、
瞑想をして心のクレンジングをするなど、
リラックスして過ごすことがいい睡眠に直結します。

宇宙の営みに則した心地よい暮らし

時間のドーシャを理解して、
同じ時間に同じことを行うことは、
アーユルヴェーダではとても大切なことです。

同時に、地球や天体に影響を受け、
少しずつ変化している自分自身の心と体に気づき、
変化にあわせたセルフケアをしながら、
日々過ごしましょう。
そうすることで、
自分も宇宙という大きな存在と同化しながら
生きているということを体感できるはず。

日常をより、気持ちよく過ごすためには
“完璧”な生活を目指すのではなく、
宇宙の営み、調和に身をゆだねるように、
ナチュラルな自分でいることが秘訣でしょう。
ぜひ、生活にアーユルヴェーダの知恵を
取り入れてみて下さいね。

教えてくれた人=Kazuya(冨岡和也)

料理人、フードコーディネーター、栄養士、
インド政府機関認定アーユルヴェーダセラピスト。
食のアトリエ『Natural Lifestyle』代表。

Text - Yogini編集部

https://yolo.style/yogini/

COLUMN Yogini × emmi