emmi(エミ) > 知ってる?美しい爪のための基礎知識
知ってる?美しい爪のための基礎知識

爪はネイルをするためにある?

爪はネイルをするためにあるわけではありません。
これをオシャレのために使える!
と目をつけた人はすごい発想の転換で見事ですが、
爪は皮膚の一部が角化したもの。
指先を守るものです。
でも、爪を整えるとなぜだか心も整いますよね。
目につく場所をきれいにしておくのは、
心の安定の第一歩です。

ここからは爪についてのさまざまな疑問に答えます。

01-爪は何でできているの?

爪は皮膚の一部。
皮膚の表面の角質層や髪の毛と同じで、
ケラチンというタンパク質でできています。
爪の根元にある「爪母(そうぼ)」という場所で作られ、
先へ押し出されるように成長します。
できたてほやほやの爪の根本部分は軟らかいため、
爪上皮(そうかひ)という皮膚で覆っています。

02-爪から病気がわかる?

爪や指の形が親に似るのは、
ある程度は遺伝が関係しています。
ただ、体のどこかが悪い時は、
その症状が爪に出ることがあります。
以下は爪に現れる主なサイン。

スジが入る

縦筋は爪の老化。
横筋は爪いじりのクセによる爪母(そうぼ)の外傷や、
心身の強いストレス、無理なダイエットで起こる。

爪の表面が凸凹になる

「扁平苔癬(へんぺいたいせん)」と呼ばれる
かゆみの強い皮膚疾患の兆候を現す。
爪が薄くなる場合もある。

蒼白で反り返る

真ん中が凹んだ形から「スプーン爪」と呼ぶ。
月経過多や消化管出血などの
鉄欠乏性貧血の疑いがある。

爪の表層が2枚になる

貧血の他、水分不足などで
爪が乾燥したことにより、爪の表面の層がはがれる。
保湿して様子を見よう。

白っぽく濁る

肝硬変や腎不全などの病気が隠れている可能性が。
また爪の水虫の可能性もある。

黒っぽく縦筋がある

心配のいらないほくろや出血が原因の場合の他、
悪性黒色腫や感染症などが隠れている可能性もある。

03-甘皮って必要?

甘皮を取ると
ネイルオイルの浸透がよくなるという話は誤解。
間違った甘皮の手入れをすることで、
爪母(そうぼ)を傷つけ、
爪の表面が凸凹するといったトラブルも多いようです。
甘皮ケアはプロにまかせるのがオススメ。

04-健康な爪を育てる食事はある?

実は特にない、というのが正解。
ビタミンがいいなどと聞きますが、
逆にそればかり取って
栄養のバランスを崩してしまうことが、爪を不健康に。
偏食せずにバランスのとれた食生活をすることが爪、
また髪の毛や肌のために一番いいようです。

05-爪を早く伸ばすためにはよく寝る?

手の爪は一日約0.1mm、
月に3mmほど伸び、4〜6カ月で生え替わります。
よく寝ると爪が伸びるのが早いというのは
思い違いです。
あまり伸びないという人は、
仕事などで指先をよく使うことから、
摩擦で減り、伸びないように見えているだけ。

指先はわりと見られる場所です。
清潔にきれいに整えることで、
自分の自信にもなります。
正しく健康的な爪のケアを確認しましょう。

Text - Yogini編集部

https://yolo.style/yogini/

COLUMN Yogini × emmi