emmi(エミ) > 自分らしく生きられるようになる5エレメントとのつき合い方
自分らしく生きられるようになる5エレメントとのつき合い方

ヨガやアーユルヴェーダでは、
よく「5エレメント(五元素)」という言葉が
出てきますが、
これは普段の生活にあまり関係ないって
思っていませんか?
実はこれらを日常的に意識できるようになると、
生き方が一変するかもしれません。
今回は、この5エレメントについてお話しましょう。

「5エレメント」とは何?

5エレメントとは、
「すべてのものを生み出す元になる
五つの自然界のエレメント(元素/要素)」ということ。
地、水、火、風、空の五つです。

地(ち)→土、地面
水(すい)→水
火(か)→火、炎
風(ふう)→風
空(くう)→空間、スペース

ヨガやアーユルヴェーダでは、
森羅万象=あらゆるものはすべて、
この五つの組み合わせでできていると考えます。
でも、これらは概念でしかなくて
日常にはあまり関係ないように見えます。
どうやって日常に落とせばいいのでしょうか?
それには、五つのエレメントの意味するところを知って、
自分の暮らしに当てはめていきましょう。

地は土台・安定・育み

地は文字通り、地面。
ものごとを作り出す基礎的な役割を持つエネルギーです。
構造や骨格などを表しています。
特徴としては重さ、遅さ、粘り強さ、冷たさ、
湿度などがあります。
また、大地は命を育む基盤。
少しのことでは形を変えません。
生命力、安定感の象徴です。

自分の中で地のエネルギーが充実している時は、
地に足が着き、落ち着いて考えたり、
観察したりすることができます。
生命力が高まっているので、
力強く粘り強く、周囲を盛り立て、
守っていくこともできるでしょう。

心身ともに重くてダルく、面倒、
ガンコになっているような時は積極的に動くこと。
心が重たく何ごともやる気がなくなってきたら、
スパイス料理を食べたり、
ジェットコースターにのるなど
ワクワクするような刺激を与えること。
動かず硬くなりがちな心を解き放ちます。

水は柔順・受容・共感

水は地と同じく構造部分をつかさどります。
流動的で形が変わることから柔順であり、
受け容れる力があるしなやかさも特徴です。
水のエネルギーが充実している時は、
人との関係においては話を
じっくり聞くことができ、共感上手に。
相手を受け入れるために、
争いごとはあまり起こしません。
感情も感受性も豊になり、
ありのままの自分を表現できるようになります。

反対にエネルギーが滞ると、
水が濁ってしまうように、
動きが鈍くなりどんよりした感じに。
やる気がなくなってしまいます。

自分がじめじめとして何ごとも面倒になってきたら、
刺激を与えて自分の中の水を動かすこと。
リズミカルな音楽を聞いたり、
ミントなどスッとする香りを用いるのもいいでしょう。
ワクワクするような状態を作って、
心を動かし続けましょう。

火は情熱・鋭さ・変換

火は熱を作り出し、
熱によって形を変えるエネルギー。
行動のエネルギーで何かを動かす力を持っています。
火のバランスが取れていると、
ムダのない行動力で
周囲を引っ張っていく活力を発揮できます。
また、しっかりした意思を持って周囲の変化にも
対応していきます。

反対にバランスが乱れると、熱が燃えすぎてしまい、
上から目線で周囲にマウントするようになり、
思い込みで断罪したり、
ハラスメントなどを
無意識に行ってしまうかもしれません。

カッカして人に八つ当たりしているような
暴走に気づいたら、
熱を冷ます必要があります。
水を飲み、ゆるゆるとした時間を作ること。
意識的に優しさを加えることで、
飛び散りがちな火の粉を抑えていきましょう。
冷静になる、冷静であることを
心がけることが大事です。

風は軽さ・機動力・素早さ

風は不規則ながら素早く動き、
機動力、軽さのエネルギー。
自分の中の風のバランスが取れている時は、
軽やかで頭の回転が速く、機動力があって、
イキイキと日常を過ごせているでしょう。

しかし、風のエネルギーのバランスが崩れてしまうと、
ふわふわとして心が落ち着かず、
ざわついて、散漫な状態になります。
焦りや不安が募り、
一方で体はそわそわしているのに
心と歩調が合わないために、
何ごともうまく進みません。
現代は風が暴風になりやすいので、
心を落ち着かせるすべを持つことが必要です。

最近落ち着きがないな…と思うような場合は、
バランスが崩れているので赤い色を身に着けたり、
地面に錨を降ろすようなイメージで
ゆっくりとした呼吸をしてみましょう。
移動を減らし、睡眠時間を増やします。
じっくりと入浴するのもオススメです。

空はすべてを受け入れ・
四つの元素を整える

空は「カラ」ではなくて、「虚空」。
中身はぎっしりと詰まっています。
インドでは、
この虚空から宇宙が生まれたとされるぐらい、
ものごとの原点のようなエネルギーです。
他の四つのエレメントを受け入れる器であり、
知恵の源。
四つをバランスし、
それぞれの特徴をうまく引き出す力を発揮します。

空はコミュニケーションの場でもあります。
自分の中の言葉を受け取って、
自然のエネルギーと対話する。
バランスが乱れると自分の感情を
受け入れられなくなり、
自然のリズムから外れてしまいがちに。

バランスを取るには、五感を大事にしましょう。
自分の行いすべてを意識し、マインドフルに。
目に入るもの、聞こえるもの、
香り、味、触れるもの、どれも大事にし、
それらとの触れ合いで自分が
どう思うのかを捉えます。
出てきた感情をすばやくキャッチし、
やりすごさないことです。
これを丁寧に行っていくと、
自分の心ときちんと同調でき、
うつろな状態から脱出できます。
他の四つのエレメントとのバランスも整い、
全身の歯車がゆがみなくスムーズに動き始めます。

5エレメントはどれも大事です。
自分の特徴的なエレメントはありますが、
五つはすべて備わっているので、
どれも充実した状態にしたいもの。
焦らず、自分の状態を観察しバランスしていきましょう。

Text - Yogini編集部

https://yolo.style/yogini/

COLUMN Yogini × emmi